英検1級 文で覚える単熟語

 

これも同時に使っています。内容は速単の英検1級バージョンみたいな感じです。詳し

く言うと歴史や経済、科学などテーマごとに文章が載っており文章の中で単語を覚える

みたいなコンセプトのものです。実際の試験で出された文章も載っており文章の数も多

いのでレベル的にもボリューム的にもかなりいいです。しかし1つ大きな問題がありま

す。付属のCDが付いているのですがそのスピーキングのスピードが遅いです。それに加

えてイントロダクションそして本文という順番に進むのですがイントロダクションがま

とめて後ろにあるのでスムーズに学習がしづらいです。なのでリーディングやボキャビ

ルには使えますがリスニングの教材としては向いていないと思います。聞けるなら1.5倍

速ぐらいで聞くとちょうどいいかもしれません。

 

 

キクタン英検1級

 

現在の学習でもまたまたキクタンを使っています。内容もボリュームがあって内容も程

よく手応えがあっていいです(特に動詞句のパート)。レベルでいうとTOEICではわか

らない単語が一つもないレベルの人や『キクタン【super】12000』でも物足りな

い人でも楽しめる内容です

  

 

やっぱり噂通り1級は語彙のレベルが高いです。

現在の学習方

結論からいうと現在英検1級の学習参考書を使って勉強しています。噂通り1級は単語

のレベルが高いので知らないことが程よく出てきてすごいオススメです。

次回から一冊ずつ詳しく紹介していきます。

TOEIC860点を取ってみての感想

全然流暢に英語を話せないしわからない表現がありまくります。点数特化の勉強せずに

この点なので同じくらいの点数の人よりかは英語ができると思うのですがまだまだで

す。特に映画やドラマ、小説を見ようとするとわからなすぎて泣きそうになります。し

かし学術書や硬い表現で書かれたニュースなどは内容は難しいと思うのですが以外と読

みこなせて楽しいです。それにDMMなどのオンライン英会話でも慣れてくると何を言っ

ているかほぼほぼ分かりますし始めて1ヶ月もしないうちにそこそこ思ったことを表現

できるようになります。ですが本当にまだまだ分からないことがたくさんあるので良か

ったことは英語の単位が貰えたことぐらいで外国語習得の道は長いんだと再確認させら

れました。

 

まとめ

英語は流暢に話せないし使えない。映画やドラマ、小説は理解できない。学術書やニュースは理解出来るようになる。英会話は慣れれば理解し話せる。一番いいことは単位がもらえる(社会人ならば手当かな?)。

 

次回からは現在の勉強法などを紹介できたらいいかなと思っています

スピードラーニングって

本筋とそれるのですがスピードラーニングって絶対効果ないですよね。単語や文法の知

識がないのにどうやって聞き流すだけで英語は習得が習得できるんすか。私は多分英

語の語彙1万は越えていますし日常的に英語を聞いていますが全く知らない単語や名前

などが入ると一気に何を言っているのかわからなくなります。ましてやわからない言葉

を使って喋るとなると想像すらつきません。ですのでスピードラーニングで英語の学習

を始めようと思っているアナタ絶対にお金の無駄になります。

 

逆に言うとある程度文法や語彙の知識がある人は様々なシチュエーションの英語が聞け

るので有効かもしれません今度バラ売りの中古品でも買ってみます。

 

まとめ

スピードラーニング=水素水 石川遼藤原紀香

学習法(リスニング・リーディング)

 

多くの人と私の勉強方法が異なるところがリスニングとリーディングだと思います。教

材については基本的に学習参考書と呼べるものはCNN ENGLISH EXPRESS』これ一

冊です。内容は実際のニュースとコラムからなっていてウォーミングアップ、実践編、

強化編の3パート+コラム+特集の構成です。正直実践編と特に強化編は初学者には厳

しいので最初のうちはウォーミングアップだけでもいいかもしれません。私の勉強法と

しては、一つの記事を何も見ずに2回聞きその後記事をリーディングしながらわからな

い単語にチェックその後すべて聞き取れてるまでリスニングというシンプルなもので

す。この教材のいいところは内容がすべて実際のニュースであるため世界中の時事ネタ

を学べて実際に海外で流れているニュースそのままの速さ発音なので非常に実践的かつ

為になります。またCDが付属の為外出の際も音楽プレーヤに入れて持ち運べるのでどこ

でも勉強することができます。

 

その他の学習法としてはHNKのニュースを副音声にして聞く、タイムやWSJなどの新聞

雑誌を読むということを取り入れています。夜9時からのNHKニュースは副音声にする

と英語になりまた通訳も比較的ゆっくりで内容も親しんでいるものなので案外聞き取り

やすく日常生活にも取り入れやすいのでオススメです。また私はタイムとWSJを使って

いるのですがこれは他の雑誌や新聞でも構いません。私が選んでる理由も最初に買った

ものがたまたまタイムでWSJも学校で無料で配っているというだけのものです。方法と

してはどちらでもいいので最低毎日1つの記事を読みながらわからない単語はチェック

しそれ専用の単語帳を作りたまにチェックするというものです。特にWSJは経済の専門

用語が多く内容も経済よりなので経済経営学部の学生やサラリーマンには非常にオスス

メです(でもお金を払って手に入れようとすると多分高いです)。

まとめ

CNN ENGLISH EXPRESS』を何周もわかるまで聞き、音楽プレーヤに入れ通勤通学の時間にも聞く。NHKの夜9時からのニュースを副音声にして聞く。雑誌やニュースを1日一つわからない単語をチェックし専用の単語帳を作りながら読む。本当にこれだけです。

 

CNNの教材を買ったことがない人はちょっと古いですけどヒラリーとトランプの討論会と小池都知事の英語インタビュー(小池知事が自分で英語を喋ってインタビューに答えています)が教材になっている12月、またはトランプの勝利演説とヒラリーの敗北宣言が特別付録でついてるトランプが表紙の1月号が内容的にオススメです。

 

 

学習の方法(単語、文法)

単語

単語については音声がついた単語帳が望ましい。音声があることによって正しい発音で

覚えることができるのでリーディングの時にも滑らかに読むことができるようになる

レベルに関したは最低でも5割くらいは内容がわかるものが望ましいそうでないと苦痛

になりすぎて長続きしない。私自身もそれで挫折したことがある。使い方としては毎日

り組むこと最初は目を通すくらいで1、2週し覚えにくいと思ったところを重点的に

印をつけたり抜き出して紙に書き出し常に目にところにその紙を置いておくと良い。ま

た参考書や本を読んだりして学習している人はその本用の単語帳を作っておくと学習が

はかどる。語彙を増やす作業は根気よく繰り返すしかないので継続的に覚えていない単

語を学習し続けるしかない。

 

 

文法

文法については問題が多くて解説が丁寧なものが望ましいように思う。私は『極めろ!リ

ーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』と『1駅1題 新TOEIC TEST文法特急』を買

い家では『極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』外出先の電車のなかで

は『1駅1題 新TOEIC TEST文法特急』の2冊だけで文法パートで95%の正解率を獲得

することができた。前回書いた通り私はある程度の基礎があったので本当の初学者はフ

ォレストなどの高校で使うような参考書を身につけてからやる方がいいかもしれない。

文法についても単語と同じように反復学習とわからないところの重点学習が有効になる

ので最初に1、2週やりわからなかったところに印をつけて繰り返し解説を見ながらや

るといいだろう。

まとめ

単語についても文法についても近道はなく反復的に取り組むしか方法はない。特に単語

については毎日時間を決めて取り組むことが望ましい。

 

最後にオススメの参考書は私が大学受験から使っている『キクタン』シリーズである。キクタンはレベルや目的ごとに複数種類があるので自分のレベルに合ったもの選ぶと良いだろう。他には携帯アプリの『エクストリーム英単語』がオススメである。