読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習法(リスニング・リーディング)

 

多くの人と私の勉強方法が異なるところがリスニングとリーディングだと思います。教

材については基本的に学習参考書と呼べるものはCNN ENGLISH EXPRESS』これ一

冊です。内容は実際のニュースとコラムからなっていてウォーミングアップ、実践編、

強化編の3パート+コラム+特集の構成です。正直実践編と特に強化編は初学者には厳

しいので最初のうちはウォーミングアップだけでもいいかもしれません。私の勉強法と

しては、一つの記事を何も見ずに2回聞きその後記事をリーディングしながらわからな

い単語にチェックその後すべて聞き取れてるまでリスニングというシンプルなもので

す。この教材のいいところは内容がすべて実際のニュースであるため世界中の時事ネタ

を学べて実際に海外で流れているニュースそのままの速さ発音なので非常に実践的かつ

為になります。またCDが付属の為外出の際も音楽プレーヤに入れて持ち運べるのでどこ

でも勉強することができます。

 

その他の学習法としてはHNKのニュースを副音声にして聞く、タイムやWSJなどの新聞

雑誌を読むということを取り入れています。夜9時からのNHKニュースは副音声にする

と英語になりまた通訳も比較的ゆっくりで内容も親しんでいるものなので案外聞き取り

やすく日常生活にも取り入れやすいのでオススメです。また私はタイムとWSJを使って

いるのですがこれは他の雑誌や新聞でも構いません。私が選んでる理由も最初に買った

ものがたまたまタイムでWSJも学校で無料で配っているというだけのものです。方法と

してはどちらでもいいので最低毎日1つの記事を読みながらわからない単語はチェック

しそれ専用の単語帳を作りたまにチェックするというものです。特にWSJは経済の専門

用語が多く内容も経済よりなので経済経営学部の学生やサラリーマンには非常にオスス

メです(でもお金を払って手に入れようとすると多分高いです)。

まとめ

CNN ENGLISH EXPRESS』を何周もわかるまで聞き、音楽プレーヤに入れ通勤通学の時間にも聞く。NHKの夜9時からのニュースを副音声にして聞く。雑誌やニュースを1日一つわからない単語をチェックし専用の単語帳を作りながら読む。本当にこれだけです。

 

CNNの教材を買ったことがない人はちょっと古いですけどヒラリーとトランプの討論会と小池都知事の英語インタビュー(小池知事が自分で英語を喋ってインタビューに答えています)が教材になっている12月、またはトランプの勝利演説とヒラリーの敗北宣言が特別付録でついてるトランプが表紙の1月号が内容的にオススメです。